加齢臭が出やすいのはどんな人?

加齢臭が出やすいのはどんな人?

 

誰もがみんな加齢臭をだしているのではありません。体臭は人によって違いがあります。それと同様に加齢臭にも個人差があるようです。つまり、加齢臭が出やすい人もいれば、そうでない人もいるのです。
いったい、加齢臭が出やすいのはどんな人なのでしょうか?それがわかれば、予防の方法も考えられますよね。

 

 

・肥満あるいは肥満傾向にある人
身体の中の脂肪が酸化して加齢臭になります。すべてではないにしても、脂肪は加齢臭の原因になります。つまり、脂肪が多い人は、少ない人にくらべて加齢臭がでやすいということになります。
また、肥満はさまざまな成人病をひきおこすともいわれています。肥満を解消することは加齢臭対策になるのとあわせて健康面でも良いので、是非、実行してみましょう。

 

・男性ホルモンが豊富な人
男性ホルモンは加齢臭と強く関係しています。脂肪の酸化が加齢臭の原因ですが、男性ホルモンには脂肪の酸化を促す働きがあります。ですから、男性ホルモンが豊富な人は、加齢臭を生じやすいという傾向にあるのです。
具体的には、顔や肌が脂ぎっている人、体の毛が濃い人、髪の毛が薄い人や禿げている人などがそうです。このような人には男性ホルモンが豊富な人が多いようです。思い当たる人は加齢臭対策が必要です。

 

 

・不規則な生活をしている人
寝るのが遅くなった翌朝、目覚めたら顔がベタベタするという経験はありませんか?普段より多く脂がでているからです。
人は昔から明るくなったら目覚めて、暗くなったら眠りにつくという生活を繰り返してきました。そして、意識のどこかにそのパターンを記憶しているといわれています。
ですから、そのパターンを無視して、夜更かしを続けたり、不規則な食生活をおくったりしていると生活リズムがおかしくなります。そうなると、体は危険を感じてシグナルをだします。その一つが、顔からにじみ出る脂なのです。
不規則な生活は体の老化が進みます。さらに、体内の脂肪がどんどん酸化するので、加齢臭の原因にもなります。規則正しい生活に戻すことが加齢臭対策や老化防止につながります。

 

これまで、加齢臭がでやすくなる事例の中から特徴的なものについて考えてみました。
すでに加齢臭で困っているという人はもちろん、「加齢臭はいやだ」という人も、すぐにでも加齢臭対策をはじめましょう。
こちらの記事もおすすめ>>加齢臭をシャンプーで予防

 

脱毛ラボ

●脱毛ラボ5つのポイント

 

・全身脱毛コースがリーズナブル
・料金の支払い方法が充実している
・痛みのない脱毛方法を採用
・エステティシャンは全員脱毛の専門家として高いスキルを持っている
・全店舗が駅から徒歩5分圏内

 

脱毛ラボの特徴は何と言っても、全身脱毛が安いという点です。
しかも安いというだけではなく「準備」しやすい料金プランも魅力なのです。
どういうことなのかと言いますと、脱毛ラボの全身脱毛プランは月額制なのです。
通常、全身脱毛コースというのは相場としては安かったとしても、十数万円とまとまった金額を用意しなくてはいけません。
だから、敷居が高いように感じてしまうのです。
その点、脱毛ラボは月額9,980円で月2回通うことができますから、それこそ学生さんのアルバイト代でも十分なのです!
もちろん、脱毛効果も期待していてください。
脱毛ラボでは、最先端の脱毛機器を導入し、痛みの少ない美しい脱毛を実現していますし、エステティシャンも研修を受け技術を磨いていますから、安心してお任せできます♪

 

これだけの低料金でサービス面も充実しているのは、200点以上コストカットをすることでムダな出費を排除しているからです。
1円単位で細かくコストを抑えることにより、施術にかかる費用をできるだけ低料金で提供できるようになりました!

 

●千葉付近 脱毛ラボ情報

 

柏店
住所:千葉県柏市柏1-2-35 梅林堂ビル6F
営業時間:10:00〜22:00
電話番号:0120-262760

 

 

船橋店
住所:千葉県船橋市本町6-2-20 ゼブラ船橋4階
営業時間:10:00〜22:00
電話番号:0120-262350

 

活性酸素が皮脂を酸化させる

活性酸素が皮脂を酸化させる

 

活性酸素が原因で皮脂は酸化してしまいます。
よく耳にするけど「活性酸素ってなに?」と思っていませんか。
活性というと良いもののように勘違いしがちですが、老化につながる悪玉物質なのです。
活性酸素によって皮脂が酸化するとノネナールが発生します。

 

●活性酸素の原因は?

 

私たちの生活の中で活性酸素の原因となるものはたくさんあります。
主なものに、喫煙・加工食品・激しい運動・ストレス・排気ガス・紫外線・電磁波などがあります。紫外線や電磁波などのように避けようのないものもあれば、加工食品やタバコのように意識すれば避けられるものもあります。
本来、人には体内に活性酸素ができたときに、それを消してしまう仕組みがあるのです。
しかし、年々その働きが衰えてしまうので、体が酸化しやすくなります。皮脂の酸化についても同様で、ノネナールが増えることになってしまいます。
そのため、活性酸素を発生させないための工夫と酸化を抑えるための工夫が必要になってきます。抗酸化作用のある食品をとるように心がけることも大切です。

 

●ノネナール対策に有効な抗酸化ビタミン

 

・ビタミンE
抗酸化ビタミンの中でも代表的なものがビタミンEです。
ビタミンEには老化防止(若返り)効果と脂質の酸化を抑える働きがあります。また、ビタミンCと合わせて使用することで、より効果的に働きます。ビタミンEは過剰に摂取すると血が固まりにくくなるので、注意しましょう。
ビタミンEは魚卵、油、種実類に多く含まれています。玄米、小麦胚芽、キャビア、いくら、たらこ、うに、菜種油、サフラワー油、コーン油、アーモンド、落花生、ラッカセイ、うなぎ、はまち、ぶり、鮭、サバ、カレイ、ししゃも、マグロ、キウイ、プルーン、ブルーベリー、さつまいも、かぼちゃ、ホウレンソウ、ニラ、たけのこ、シソの葉などです。

 

・ビタミンC
ビタミンCにも抗酸化作用があります。ただし、ビタミンCは過熱に弱く、水に溶けだしてしまいやすいので、注意が必要です。食べるのではありませんが、レモン果汁は加齢臭対策に効果があります。レモン果汁に浸したタオルで皮膚をマッサージするというものです。
ビタミンCは果物や野菜に多く含まれています。

 

 

オレンジ、みかん、レモン、いちご、キウイ、はっさく、柿、トマト、カリフラワー、ホウレンソウ、小松菜、ブロッコリー、ししとう、ゴーヤ、アセロラ、ピーマン、春菊、ニラなどです。

 

 

・βカロテン
βカロテンにも強い抗酸化作用があります。カロテノイドの一種で、体内でビタミンAに変換され、その効果を発揮します。
βカロテンは色が鮮やかな緑黄色野菜などに多く含まれます。モロヘイヤ、小松菜、春菊、ホウレンソウ、人参、トマト、かぼちゃ、パセリなどです。